記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

渋谷ジャズは新しい表現の場となるか!?パフォーマーたち、渋谷PARCOの屋上に集まれ!(Z BLOG 曽根 麻央)

みなさんこんにちは、曽根麻央です。猛暑の中の熱中症対策、そして新型コロナウイルスの感染症対策など、健康に生きることにこれほど気を使ったことがあるだろうか、といった緊迫した雰囲気が社会を取り巻く中、政権も代わり、なにやら世の中が一つの節目を迎え大きく変わろうとしているとしか思えません。まさしく変動の時ですね。
日本のジャズシーンも、今まで埋もれていた種がここぞとばかりに芽吹くように、またコロナの影響による演奏の機会の減少という受け入れ難い現状に抗うかのように、若いプレイヤーを中心に新たな流れが生まれて来ました。

ジャム・セッション・イベント「渋谷ジャズ」

201016_z_sone1_01.jpg

「渋谷ジャズ」。まさにコロナ禍とともに発展した、毎週水曜日に渋谷PARCOの屋上での18時~22時の4時間にもわたるジャム・セッション・イベントです。屋上で屋根付きの野外のような場所なので、換気も万全!そしてなんと、リスナー&プレイヤー共に入場料無料。可能であれば主催のCoffee Bar Gallageでたくさん注文していただければありがたいという感じ。
単純なルールがあり、プレイヤーは初回は一応主要なメンバーに一応参加したい旨を伝えます。その後はいつどの曲で入って来てもウェルカム!ただ、こちらから呼び込むことはしません。好きな時に入って来て、できない曲は見学する。他のミュージシャンもいるのであまり長すぎるソロは取らないように、全体の時間配分を音楽的に考えて参加してね!っといった感じです。

主要メンバー 寺井雄一さんインタビュー

今日はそんな渋谷ジャズの主要メンバー、寺井雄一さんに話を聞きました。

201016_z_sone1_02.png

寺井雄一さんのインタビュー

 

曽根:渋谷ジャズはいつから、どのような経緯で開催していましたか?
寺井:今年の1月からです。Coffee Bar Gallage というコーヒー屋さんがあるのですけど、マスターのケンタ君が、新たにオープンした渋谷PARCOの中に出店して、その際のこけら落としとして他のミュージシャンと演奏するイベントを行ったのがきっかけです。それがとても好評だったので、じゃあ毎週やりましょうという運びになりました。新型コロナウイルスの影響でお4、5月と休みしていましたが、また6月の中旬から復活しました。それでもう20回ぐらい開催してるかと思います。
曽根:最近では若手のジャズミュージシャンの間で話題になり、売れっ子から学生、そして大御所や更にはダンサーまで来るようになりましたが、今後どのような空間にしていきたいですか?
寺井:全然未来のことなんて考えてなくて、毎週ミュージシャンが来るのか、お客さんが来るのかを考えるだけで胃が痛いです(笑)。でも、他にもジャムセッションを催しているお店はたくさんある中、それらとは毛色の違う文化形態が出来上がりつつあるのかなと思います。
曽根:違う点とは?
寺井:例えば、普通のお店だったら「次はこの曲をやりましょう」、「じゃあ誰々さんと誰々さんでお願いします」という感じで、呼ばれた人同士で演奏するのですが、この渋谷ジャズのセッションで面白いのが、誰かが何かの曲を演奏し始めて、その曲を知っている人たちが入っていくというスタイルなのです。リスナーの人たちもこれを目当てに毎週来てくださる方が出来て来ていて嬉しいです。
曽根:ミュージシャンもコロナの影響で丁度、幸か不幸かスケジュールが暇になりましたし、始める時期もよかったですね。
寺井:そう!うまい感じにいきました。
曽根:あとは屋上でオープンな空間だから密が気になるという人も安心できますね。
寺井:そうだね!近くに住んでいる人は是非この感じを実際に味わってほしい。
曽根:でも渋谷ジャズのインスタやツイッターのアカウントでライブ配信もしていますね。だからいろんな人がアクセスできる。そして各自ミュージシャンもそれぞれのプラットフォームで配信していいのだよね?
寺井:各自来て、自分のやり方で稼いでくださいってスタイルなんです。まだミュージシャンに謝礼を出せる体制ができていないので、人によっては自分のCDをここで宣伝して売ったりもしてます。
曽根:僕自身はずっとイチナナ・ライブしてますしね(笑)
寺井:そうそう!非常にユニークな空間なのでこのブログを読んで、アマチュアやプロの方が来ても楽しいと思います。興味を持っていただけると嬉しいです。ミュージシャンのレベルも高いしね!それで都内で毎週やってて無料はかなり珍しい。
曽根:それとあとは学生とかにももっと来てほしいよね?
寺井:そうだね!現役の学生とか20代前半の駆け出しはシーンに入るのがただでさえ大変なのに、コロナの影響でチャンスが少なくなっているから、ここで仲間が増えてくれると嬉しいです。お行儀のいいセッションじゃないけどね。
曽根:確かに割り込まないと演奏に入れないからね(笑)。
寺井:自分で何かやりたい曲があったら言っておいてもらったり、あとは曲の区切り目で演奏しながら入って来てもらったりすればOK!管楽器の場合はそういうの楽だよね。
曽根:そうですね!あとは、カメラマンも実は毎週いらっしゃるから、良い写真が撮られたらアーティスト写真に全然OKっていうのもなかなか珍しい。アー写を持ってない学生ミュージシャンとかどんどん来るべき。演奏したら撮ってもらえるからね。
寺井:あとは渋谷ジャズのツイッターでは、演奏している人のアカウントをタグつけて投稿するのでSNSで知名度をあげたい若手のミュージシャンにもおすすめ。ここに来るお客さんも結構渋谷ジャズのアカウントから、演奏のよかった個人ミュージシャンのアカウントへ飛んでフォローするので、ファンの獲得にもつながります。なので皆さん是非来てください!

すごく画期的な企画ですね!渋谷ジャズが長く続いていくことを願っています!是非みなさんも体感しに来てください。最後に渋谷ジャズの様子を少しだけ掲載しておきます。

 

201016_z_sone1_03.jpg

安藤康平ことMELRAW(メルロウ)と石若駿

 

201016_z_sone1_04.jpg

曽根麻央と末永尚史

 

201016_z_sone1_05.jpg

David Bryant と曽根麻央。12/13(日)、六本木サテンドールでデュオライブします!

 

201016_z_sone1_06.png

及川陽菜 - 曽根とは11/13渋谷のライブハウス琥珀で演奏します。

 

他にもたくさん素晴らしいミュージシャンが来てくれています!書ききれなくてごめん!!マジで!詳細は実際に来てください!
もしくは、渋谷ジャズのアカウントをフォローして様子をチェックして下さい!

instagram:@shibuya_jazz
Twitter:@shibuya_jazz

201016_z_sone1_07.png

 

曽根 麻央(そね まお)曽根 麻央(そね まお)プロフィール
トランペット奏者、ピアノ奏者、作曲家、音楽教育家
ジャズを基盤として日本の音やその他の民族音楽を融合させる、完成度の高い個性的なスタイルを持った日本人のトランペッター、ピアニスト、歌手、作曲家。また、トランペットとピアノの同時演奏という独特なスタイルでも知られている 。

 

オフィシャルサイトはこちら

記事の一覧に戻る