プレミアム会員特典の音楽情報誌『音遊人(みゅーじん)』最新号を試し読みできます。

音楽情報誌『音遊人』2022年秋号発行のご案内

最新号のご案内

特集は「音楽の喜びを、未来につなぐ」。
ヤマハだからこそできる、持続可能な社会への貢献とは……。
楽器・音響製品やサービスに関連する話題を中心に、サステナビリティへの取り組みをご紹介します。

220915_myujin_autumn_01.png

  • 220915_myujin_autumn_02.png

    特集

    持続可能な木材の利用、独自の技術力による新たな価値創出、音楽文化の普及・発展などのために、ヤマハが取り組んでいるさまざまなアクションと成果について、お伝えします。

  • 220915_myujin_autumn_03.png

    楽器探訪

    今の時代のギタリストのニーズに応える音、デザイン、演奏感を追求し、6年ぶりにフルモデルチェンジしたエレキギター「REVSTAR」。独自の音響解析をもとに開発した音質改善の新たな手法などを解説しています。

  • 220915_myujin_autumn_04.png

    オトノ仕事人

    映画やドラマなどの映像に合わせて流される音楽“劇伴”の制作・進行を担うプロデューサー佐藤順さんに、映画『異動辞令は音楽隊!』の現場を例に仕事の内容をお聞きしました。

  • 220915_myujin_autumn_05.png

    2022年秋号のコンテンツ

新たにプレミアム会員に入会された方には最新号をお送りします。ご希望の方は、下記のヤマハミュージックジャパン 会員事務局にご連絡ください。

次回の2022年冬号は、2022年11月下旬に発刊します。
特集は「あなたの好きな『日本の歌』はなんですか?」の予定です。お楽しみに!

※音楽情報誌「音遊人」は、2月・5月・8月・11月の年4回お届けします。

【ヤマハミュージックジャパン 会員事務局】
0120-090-210(月~土 10:00~19:00 祝日・事務局指定休日を除く)

※スタンダード会員入会後、ログインをしてお手続きください。

プレミアム会員特典『音遊人』とは

楽器を演奏したり音楽を聴いたりすることは、「それがなくては生きていけない」ものではないかもしれませんが、毎日の生活がより豊かに、楽しいものになることは間違いありません。音楽情報誌『音遊人(みゅーじん)』は、「楽器を演奏する」「音楽を聴く・知る」ためのさまざまな情報や話題を提供する、ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム会員特典の情報誌(年4回発行)です。

メインコンテンツである特集ページでは、毎号30ページ弱のボリュームで、「映画と音楽」「音楽に出逢う旅」「日本のオーケストラ」「おうちで音楽」「演奏の楽しみを毎日、ずっと」「ヤマハのものづくり」など、さまざまなテーマを取り上げています。市販の雑誌ではないがゆえに幅広いジャンルのテーマを取り上げられるのが、実は『音遊人』の大きな“強み”。日ごろ接する機会の少ない世界との出会いは、演奏や音楽をより深く楽しむための新たな入り口になるかもしれません。

そして特集ページのほかにも、インタビューページ、豪華執筆陣による連載ページ、楽器の情報記事など、多彩なコンテンツが揃っています。
インタビューページは、第一線で活躍するアーティストのインタビューのほか、俳優やタレント、作家など、各界の著名人にお気に入りの「一曲」について語ってもらうインタビュー記事も。連載ページは、直木賞作家の山本一力氏による音楽にまつわるエッセイや、タレントの清水ミチコさん、THE ALFEEの坂崎幸之助さん、ドラマーの神保彰さんによるコラムなど充実のラインナップ。また、アマチュアバンドの活動や、音楽の世界で働く「仕事人」を紹介する企画もあります。
もちろん、ヤマハが発信する情報誌ならではのコンテンツも充実。話題の楽器の開発秘話や楽しみ方を詳しく紹介する記事や、楽器のデザインについて考察する記事、楽器のお悩み解決企画や新製品情報など、「楽器を知る」ための情報が満載です。

Webであらゆる情報を得ることができる現在ですが、自分からアクセスすると好みのものに偏りがち。ユニークな視点・テーマの記事をとおして、さまざまな話題に触れられるのが雑誌の魅力です。思わぬ出会いや発見があり、新たな世界が広がるかもしれません。音楽情報誌『音遊人』で、「音楽のある人生」をもっと楽しんでみませんか?

音楽情報誌『音遊人』を定期購読できるプレミアム会員の入会は、こちらからお手続きいただけます。
※スタンダード会員入会後、ログインをしてお手続きください。

  • TOP
  • コンテンツ一覧
  • プレミアム会員特典の音楽情報誌『音遊人(みゅーじん)』最新号を試し読みできます。