記事

厳選した音楽関連の記事をピックアップ!

電子ピアノ クラビノーバ 「CSP-170」

main_CSP-170.png

スマートデバイスに保存されたオーディオ音源を読み取り、ピアノ用の譜面(伴奏譜)を自動作成する世界初の「オーディオトゥースコア機能」を搭載。さらに、弾く鍵盤の位置とタイミングを示してくれる「ストリームライツ」など、初心者にうれしい多彩な機能が充実しています。

1)「多彩なサウンドと機能で弾いていて飽きません」伊勢田さん(神奈川県)

2)「アプリを操作しながらいろいろ遊べる多機能性が魅力です」小久保さん(東京都)

「多彩なサウンドと機能で弾いていて飽きません」伊勢田さん(神奈川県)

使用頻度:毎日
平均使用時間:2時間程度/1回当たり

自宅での練習用ピアノとして使い勝手が良いです

7年間ピアノを習っているヤマハ音楽教室と、バンドの楽曲の練習用として使いました。 「CSPシリーズ」は音が良く、使いやすさも抜群です。スマートデバイスで行う操作も便利です。操作が簡単で、パワフルで多彩なサウンドを楽しみながら練習することができました。
これまで電子ピアノ「P-105」を使っていましたが、「CSPシリーズ」にしてから練習時間が増えていき、つい3時間、4時間と弾き続けてしまうこともありました。

レパートリーが増え、コードもマスターできました

アプリを通して行う、さまざまな機能もおもしろかったです。自分の好きな曲の伴奏譜をアプリケーション内で即座に作ってくれる「オーディオトゥースコア」機能を使って、3週間でいろいろな曲が弾けるようになりました。
次に弾く鍵盤を光るランプで示してくれる「ストリームライツ」も便利で、この機能のおかげでコードをマスターし、弾き歌いができるようになりました。
クラビノーバはマイクも使えて歌も歌えるので、これからピアノを始める人だけでなく、家族で音楽を楽しみたい人にもおすすめです。クラビノーバを弾いてみて、その良さを、身を持って実感することができました。

monitor_reports4_CSP_Iseda-sama1.jpgmonitor_reports4_CSP_Iseda-sama2.jpg
「アプリを操作しながらいろいろ遊べる多機能性が魅力です」小久保さん(東京都)

使用頻度:毎日 平均使用時間:1時間程度/1回当たり

デバイスを使って操作するアイデアが気に入りました

自宅の寝室に置いて、寝る前のちょっとした時間に弾いていました。 ヘッドフォンを使えば、音のことで家族に気兼ねすることなく楽しめます。インテリア的にもしっくりきていい感じでした。ほぼボリュームスライダーのみのシンプルな外観で、操作はスマートデバイスで行うアイデアもいいなと思います。
私はスマートフォンにアプリをダウンロードして使いました。画面が小さいかと心配でしたが、譜面は見やすく表示されて、曲の進行に合わせて自動でめくられるので問題ありませんでした。アプリの操作は、使っていくうちに自然に覚えられました。

アーティストとセッションしている気分になれます

「オーディオトゥースコア」は、普段聴いている曲の伴奏譜が表示され、曲に合わせて合奏ができる夢のような機能です。私が弾くのはもっぱらコードでしたが、プロとセッションしている気分になれました。
次に弾く鍵盤を示してくれる「ストリームライツ」は、ピアノ教室に通っていた数十年前の初心に戻り、バイエルの練習をした際に役立ちました。
気に入ったのは、曲調を選んで演奏すると自動でバッキングしてくれるスタイル機能です。楽しくて時間を経つのも忘れて遊んでしまいました。
「CSPシリーズ」は機能面だけでなく、音色と鍵盤のタッチが良く、音も自然で、ピアノとして完成度が高いところもおすすめできるポイントだと思います。

monitor_reports4_CSP_Kokubo-sama1.JPGmonitor_reports4_CSP_Kokubo-sama2.JPG

モニターレポート一覧に戻る

記事の一覧に戻る

カテゴリで絞り込む

カテゴリで絞り込む