• トップ >
  • イベント一覧 >
  • イベント詳細

優秀作品賞
結果発表

第1回 「楽器・音楽川柳」 優秀作品賞 結果発表!!
~ 最優秀作品賞は、ヨッシイさん(山梨県・57歳)に決定! ~

「楽器・音楽川柳」優秀作品結果発表!


第1回 「楽器・音楽川柳」 優秀作品賞 結果発表!!
~ 最優秀作品賞は、ヨッシイさん(山梨県・57歳)に決定! ~
第1回「楽器・音楽川柳」にたくさんのご応募をありがとうございました。
2016年12月21日から2017年1月31日まで募集していた「楽器・音楽川柳」の最優秀作品賞1点と、優秀作品賞9点が決まりました!

楽器・音楽に関する日頃の思いをテーマに、楽器や音楽、演奏活動などにまつわる日常での体験談・面白話などを「五・七・五」の川柳の形で表現することをお願いしたところ、ヤマハミュージックメンバーズ会員の皆さんからたくさんの作品が集まりました(開催概要はこちら)。

最優秀作品賞は、雅号(ペンネーム)ヨッシイさんの作品に決定。ヨッシイさんは詠んだ作品3つのうち、1点が最優秀作品賞、もう1点が優秀作品賞に選出されています。おめでとうございます!

クスッと笑ってしまいたくなる楽しい作品や、詠んだ背景を説明されるとしんみりしてしまうもの、哀愁が漂い失笑を誘うもの、ついついSNSでシェアしたくなるもの、自分も経験したことがあるもの、情景がパッと思い浮かぶもの、楽器を弾く人には必ず共感を得られるものなどバラエティ豊かな作品が集まり、選定会はとても和やかで笑いあふれる楽しい時間となりました。

特別審査員のTHE ALFEE 坂崎 幸之助さんと事務局にて選考を行った結果を以下に発表いたします。

最優秀作品賞

初心者は弾けるとこだけフォルテシモ(ヨッシイ)
[審査員・坂崎さん 講評]
某テレビ番組でももクロに楽器を教えていますが、これで良いんです。諦めずに弾けるところだけ弾いているうちに、不思議とある日ちゃんと弾けるようになるんですよ。
<賞品>
ヨッシイさんはじめ入賞されたみなさんには、入賞作品・雅号を印字したバイオマス由来樹脂製ヤマハ ソプラノリコーダーが贈られました。
賞作品・雅号を印字したバイオマス由来樹脂製ヤマハ ソプラノリコーダー
賞作品・雅号を印字したバイオマス由来樹脂製ヤマハ ソプラノリコーダー

優秀作品賞

スティックを回すことだけ命懸け(のんこ)
[審査員・坂崎さん 講評]
ドラム初心者のことを詠んだ川柳と思われますが、形から入ることも時には大切だったりします。楽器上達にはモチベーションが一番大切なのかもしれません。
ユニゾンで決めるところがハモってる(ヨッシイ)
[審査員・坂崎さん 講評]
微笑ましい光景です。私もステージのネタで「アマチュアミュージシャンあるある」を幾つか持っていますが、これは「アマチュアミュージシャンあるある」の典型ですね。
お味噌よりドミソにうるさい古女房(うのはな)
[審査員・坂崎さん 講評]
川柳の特徴である言葉遊びや語呂あわせ、しかも実際にドミソにうるさい奥さんなんでしょうね。夫婦仲良く音楽を続けて下さい。
この曲を聴くと中二の僕になる(ぽんつく)
[審査員・坂崎さん 講評]
音楽は本当に聞いていた時代へ瞬時に連れて行ってくれますよね。私にも中二の頃に連れて行ってくれる曲は何曲かありますが、今からでは決して見つけることの出来ない大切な宝物ですね。
指よりも顔で弾いてるチョーキング(ミスタープー)
[審査員・坂崎さん 講評]
身の回りに一人や二人、こんな人いますよね。気持ちだけ先に行ってしまう典型かと思いますが、いつか見た目に追いつくプレイヤーになる日が来ることを祈ります。
たった5分演奏の為に3ヶ月(えんどうまめ)
[審査員・坂崎さん 講評]
アマチュアの時もプロになってから今でもこんな感じです。ずっとこうなんでしょうね。
下手くそは短くサバ読む楽器歴(ヒデユキ)
[審査員・坂崎さん 講評]
ついついサバを読みたくなる自分の腕前。とにかく一に練習、二に練習です。
還暦に生まれ変わると楽器買う(ぜんまい猿)
[審査員・坂崎さん 講評]
私も数年前に還暦を迎えましたが、とても気持ちが分かります。お互い幾つになっても挑戦ですね。
コピー曲聴くと弾くとで大ちがい(なーりん)
[審査員・坂崎さん 講評]
私もコピーに命を賭けて必死になっていた頃がありました。コピーの難しいところはそのプレイヤーの手癖なんかの理屈じゃないところをきっちりとマネないとダメなところなんですよ。
審査総評 坂崎 幸之助さん
私自身、一度も川柳を作ったことがないにもかかわらず特別審査員などを引き受けてしまいましたが、みなさんの川柳の優劣を決める段になり、素人に評論される応募者のみなさんもたまったもんじゃないな、などと思っていますが、災難にあったと諦めてもらい不行き届きはご容赦願えればと開き直ったりもしています。とはいえ大変に楽しくみなさんの作品を読ませて頂きました。このいわゆる「音楽あるある川柳」はプロもアマチュアも年齢も関係なく楽しめるジャンルで、思わず笑ってしまう共感できる作品が沢山ありました。音楽に一生懸命でなければきっとこの手の川柳は生まれてこないんだろうと思います。第二回目があるかどうかは分かりませんが、それまでに一生懸命音楽に精進して新たな作品の種を見つけておいて下さい。

坂崎幸之助

入賞した10点以外の作品も、ヤマハミュージックメンバーズのマイページ(毎週水曜、週替わり更新)や、ヤマハミュージックメンバーズ メールニュースなどでご紹介していきます。引き続きヤマハミュージックメンバーズ会員の皆さんから寄せられた川柳をお楽しみください!

【次回開催予告】
好評につき、第2回も開催予定です!
決定次第、ヤマハミュージックメンバーズ メールニュースにてお知らせします。
乞うご期待!

日程

内容

参加費